「マシンビジョン技術セミナー」開催のご案内

 

一般社団法人 日本インダストリアルイメージング協会

 

日本インダストリアルイメージング協会(JIIA)主催のマシンビジョン技術セミナー開催についてご案内致します。

 

 【開催案内】

日本インダストリアルイメージング協会(JIIA)は産業用マシンビジョンに関わる画像関連機器(カメラ、レンズ、照明等)、AIを含めた画像処理ソフトウェア、画像検査システムインテグレータが加盟している団体です。JIIA会員向けに定期的に開催していますマシンビジョン技術セミナーをRRI会員様にも無料でお聴き頂きたく、ご案内をさせて頂きます。

講師は、ソニー株式会社に長く、お勤めになり、CCDデバイスの開発、産業用カメラの開発に携わってこられ、日本のマシンビジョン技術の発展に貢献されてきたJIIA相談役 名雲文男氏です。

産業用マシンビジョンの規格、また、映像機器の基礎となります撮像デバイスの現在と未来について、ご興味をお持ちの方は、ぜひとも、技術セミナーにお申し込み頂き、これから、ますますニーズが高まるマシンビジョンの情報、知見を広めて頂く機会になれば幸いです。

 

 【開催詳細】

名称  JIIA技術セミナー「名雲塾」

日時  2024年7月10日(水)13:00~17:00

場所  対面/機械振興会館 研修室-2

http://www.jspmi.or.jp/about/access.html

(東京タワーの目の前のビルになります。)

Web/Cisco WebEX(お申し込み後、アクセスURLを送付致します。)

締切  2024年7月3日(水)

申込  下記のURLよりお申し込み下さい。会社名の後に(RRI)とご記載下さい。

https://japanindustrialimagingassociation.my.webex.com/weblink/register/r4cb44fc253e288ed5a72fc737f5e5933

 

  【講演概要】

講演1 『 ISO標準化決定=カメラ規格EMVA1288 その異世界規格をわかり易く解説 』

カメラの規格であるEMVA1288の解説とISO国際標準化になる動きについて説明致します。

講演2 『デジタルイメージング デジタル画素とスマホ技術、その後の進化を語る』

撮像技術における第一革命がCCDの市民への開放であり、現在、第二革命であるCMOSイメージングセンサーとデジタル技術の融合が進行中。その現在と“測る=センシング”系撮像技術について講演致します。

 

以上