お知らせ

「さがみロボット産業特区 生活支援ロボットモニター制度」のご案内

 

 今般、神奈川県より「さがみロボット産業特区 生活支援ロボットモニター制度」について、以下の通り、広報依頼がございましたので、お知らせします。

 


「さがみロボット産業特区 生活支援ロボットモニター制度」について

 拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、協議会の会員である神奈川県の「さがみロボット産業特区」では、様々な生活支援
ロボットの現場への導入を促進するため、2つのモニター制度を用意しています。  
 一つ目は、「公共機関における使用・評価」です。生活支援ロボットを県や市町等の業務で
実際に使用し、使い勝手などの評価を行い、広く発信することで、公共機関・民間企業等へ
の導入を促進するものでございます。
 二つ目は、「民間施設等における本格導入に向けた試用」です。生活支援ロボットの購入
を考えている民間施設や一般家庭等で、事前に試してもらうことで、初期投資のリスクや
購入前の不安を軽減し、本格導入につなげるものです。 生活支援ロボットの普及に、ご活用
頂きたくご案内申し上げます。 詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

※生活支援ロボットとは、災害対応・インフラ点検ロボット、介護ロボットや高齢者向け
 生活支援ロボットといった、人の生活と同じ空間で、福祉、清掃など様々な用途に使用
 されるロボットのこと。

                                敬具

連絡先
 神奈川県 産業労働局 産業部 産業振興課
 さがみロボット産業特区グループ
 渡部、小池
 電話:045-210-5650
 メール:kousin.renraku@pref.kanagawa.jp


 以上

ロボット革命イニシアティブ協議会(略称 RRI) 事務局