オンラインライブラリ

RRI/ 「ドイツにおけるサプライチェーンの脱炭素化・カーボンニュートラルに向けた取り組みに関する調査報告書」のリリース

 カーボンフットプリントの見える化など各所で取り組みが進んでいます。本調査報告書では「環境」への感度が高いドイツでの取り組みをまとめたものになります。最近話題にのぼることの多いCatena-Xなど団体・企業での取り組みも紹介しています。

 以下が主なトピックです。動向把握や各企業、団体における判断の材料になれば幸いです。

  • サプライチェーンの炭素排出に関するEUの規制動向
  • ドイツの産業界におけるサプライチェーンの脱炭素化に向けた動き
  • シーメンスのアプローチ 「Estainium」と「SiGreen」
  • ドイツ電気・電子工業連盟(ZVEI)のプロジェクト

 

尚、本書はRRI会員限定のリリースとなります。「会員サイト」内の「RRI会員向けサイト」>「RRI会員向けサイト お知らせ情報」よりダウンロード頂けます。

会員サイト https://www.jmfrri.gr.jp/login.html

 

ここでは本文の目次を含む冒頭部分をご紹介します。 

 

 

「ドイツにおけるサプライチェーンの脱炭素化・カーボンニュートラルに向けた取り組みに関する調査報告書」(冒頭抜粋)

       

   

 

以上