オンラインライブラリ

アカテック(ドイツ工学アカデミー)と協業による白書のリリース

「Revitalizing Human-Machine Interaction for the advanced society」

 

アカテック(ドイツ工学アカデミー)との協業により、デジタル社会における人と機械のあるべき姿を提言とする白書を公開致します。

 

【背景とねらい】

 ・労働力の高齢化・設備老朽化の共通の社会課題を抱える日独が連携。
 ・デジタル化により機械が人に置き換変わるという議論から一歩すすめ、人がクリエイティビティを発揮できる人と機械の共生のあり方を提言

 

【内容】

 ①デジタル社会における仕事の変化,労働生産性の変化の統計的な紹介
 ②人と機械の相互作用の歴史,人と機械のあるべき姿
  ・従来:人から人へと技術・技能が伝承
  ・現在:機械から人への支援が多すぎ、人の能力が退化するリスク
  ・あるべき姿:Multiverse Mediation
   人ー人、人ー機械、機械ー機械の相互作用から得た知識をデジタル化・共有
 ③実現に向けた日独取組み事例
  SAP:多様な人材の雇用によるイノベーション
  日立:人と機械の共進化に関する事例,ドイツ人工知能研究所DFKI共同研究内容
  三菱電機:コレクティブ・インテリジェンス
  東大:デジタル・トリプレット
  など

 

Paper

 

 

本件問合せ先:ロボット革命イニシアティブ協議会事務局
       E-Mail: jimukyoku@jmfrri.gr.jp