IoTによる製造ビジネス変革WGの運営方針

IoTによる製造ビジネス変革WGの運営方針

 

1.活動目的

(1)IoT活用による製造業の変革をめぐる状況についての情報共有
   注:WGの会員間の情報の共有は、WGの開催及び電子媒体等の双方を通じて行う。
(2)IoTによる製造業の変革への対処方針の作成

 

2.WGの活動事項

(1)IoTによる新たな製造ビジネスのモデルケース調査(海外・国内事例の収集)
(2)標準化活動のベースとなるビジネスモデルの検討及び参考情報の供与
(3)IoT活用メリットの調査
(4)独米等の国際的な機関との協議を行うに当たっての対処方針策定

 

3.WGの構成

(1)WGの構成は、下記の通りとする。
  ①ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会(以下、RRIと略す)会員のうち、
   以下の分野に属する企業・個人であってWGのメンバーとして承認された者
   ・実践企業
   ・制御機器、ネットワーク企業
   ・ロボット、工作機械企業
   ・ソフトウエアベンダ系企業
   ・データセンター、ハードウエア系企業
   ・IT系、制御系システムインテグレータ企業
   ・上記企業に関する事業者団体
   ・シンクタンク、コンサルティング企業
   ・大学・研究機関の有識者
  ②政府関係省庁
  ③RRI事務局

(2)なお、企業会員、団体会員にあっては、メンバー1名を登録する。会議には、
  メンバーの他に、事前に登録したオブザーバー1名の参加を認める。また、
  メンバー及びオブザーバーともに出席できない場合は、代理の出席を認める。

 

4.主査

(1)WGには2名の共同主査をおく。共同主査は、討議の進行および取り纏めを行う。
(2)共同主査は、WGの活動について、RRI総会、運営幹事会等の求めに応じて報告
   等を行うものとする。

 

5.幹事

  幹事は、WGの活動に必要な事項の決定を行うための案を策定し、WGに諮る。

 

6.事務局

WGの事務局は、RRI事務局がこの任務に就く。

 

7.入会及び退会

(1)WGの会員になろうとする者は、入会申込書をRRI事務局長に提出し、
   その承認を得て会員になる。
(2)WGの会員は、会員の意志により任意に退会することができる。
   ただし、退会に際しては、事務局に届けなければならない。

 

8.年会費

WG会員は、年会費を納入しなければならない。
 (1)年会費は、基本経費に充てるものとして10万円とする。
 (2)年会費は、WGの活動に使用され、他の活動に充ててはならない。
    剰余金が発生した場合には、次年度へ繰り越す。
 (3)大学・研究機関、政府関係省庁の参加者の年会費は、無料とする。
 (4)年会費は、事業年度の途中で入会した場合にも一律とし、
    途中で退会した場合にも返却しない。
 (5)基本経費以外に別途費用が発生する場合は、別途協議する。

 

9.情報等の帰属

(1)WGの活動成果として得られた成果物は、基本的にWGに帰属する。
(2)WG会員がWGで得られた情報は、公開情報を除いて原則としてWG会員限り
   とする。
(3)事業者団体等が、当該団体の会員に対して本WGに係る活動について報告等を
   行う際の情報の取り扱いについては、RRI事務局と協議し、了解を得て行う
   ものとする。

 

10.議事録

WGの各回の議事録は、事務局が案を策定し、主査と発表者(情報提供者)の了解
を得て正式な議事録とする。WGの構成員以外には、非公開とする。

 

以上